PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

とにもかくにも-breakcats-

子育て、家づくり、ミュージカル、日々の日記などを話題にしています。FFXIは子育てでお休み中。更新頻度は亀より遅いですが、とにもかくにも気軽にみてください。
<< アマチュアのミュージカル、団員募集しています。 | main | 富山県に帰省 >>
IH炊飯ジャーは危ない??
0
    冷蔵庫、電子オーブンレンジについで、IH炊飯ジャーを買うことにした。これもわりと品がいいナショナルのSR-XE10という炊飯ジャーだ。まあ安いものを買うのもいいのだけど、こういう長く使うものは惜しみなく買ってもいいのではないかというのが最近の考え方だ。ところで、IH電子調理器具は危ないという本を見たことがある。まあ電磁波が体に及ぼす影響はあるのかもしれないが、そんなに危ないのなら、ここまでIH調理器具が発展したりはしないだろうと思うのだが。ちなみに自分の性格からして本に書いてあることはあまり真に受けない?という良い意味でも悪い意味でもそんな正確をもっていたりします。
    | いろんな商品について | 19:24 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    新しい物に潜む危険性は、必ずしもすぐにあらわれるものではない。
    フロンが発明されたとき、まさか地球のオゾン層を破壊するなんて予想だにしなかった。フロンの危険性が明らかになったのは誕生から数十年以上たってからだ。今話題の石綿(アスベスト)もその危険性が判明するまで数十年かかった。私が子供の頃は理科の実験に石綿を普通に使っていたが、現在がどうかは言わずもがな。
    しかし、利便性や経済性が危険性を上回ると、危険性は後回しにされる。車が発明されたとき、まさか日本だけで毎年2万人の交通事故死者を出すとは夢見も思わなかっただろう。ライト兄弟が初めて空を飛んだとき、1985年8月12日に日航機が墜落し500人の死者をだすなんて考えもしない。
    新しい物(技術、物質など)が発明されたとき、普通は危険性を十分に調査し製品化される。しかし、思わぬ危険性を秘めていることがある。その危険性は数年から数十年。あるいは数百年という単位でやってくることがる。数十年後、IH調理器具が原因と思われる病死があるかもしれない。
    | おだた | 2005/08/12 3:04 PM |










    http://blog.breakcats.com/trackback/206317
    楽天オークション
    FFXI
    SEARCH THIS SITE.
    MOBILE
    qrcode
    RECOMMEND
    OTHERS